旅行宗家-178添乗員-

ホントはツアーのお客様を見てなきゃいけないんだけど、こっそり撮った写真をブログにアップしてしまいましょう
<< ムーミン列車 | main | 奥社の御朱印@戸隠神社 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
立山黒部アルペンルートの一寸先は闇
 何度かいかせてもらっている立山黒部アルペンルート
しかし、今回はお天気が悪い・・・

黒部平から大観峰までのロープウェイ
はじめのうちこそ、視界もよく、あたり一面見渡せていたのですが
残り三分の一を残すところで、霧の中に突入
窓からは、真っ白な霧しか見えなくなってしまいました。

大観峰

大観峰の展望台
いつもは、下のように連なる山を見ることができるのですが、今日は完全にホワイトアウト



そして、ツアーとしては一番見所の室堂
晴れていればはこんな感じ

アルペンルート

遠くの山まで見渡せて絶景
運がよければ雷鳥もお出迎えしてくれます。


しかし、今回は
アルペンルート

一寸先は闇
足元しか見えない。
いつもは全景が見渡せるミクリガ池も、今日はかなり近寄ってやっと近くの水面が見える程度


見晴らしの良い景色を楽しみしてきた方には残念な状況
しかし、何度か来ている私的には、アルペンルートのまた違った一面が見れて満足

霧の中を、歩いていく
周りに人は見えない
足元にわずかに見える高山植物を楽しみながら
唯ひとりで道を歩いていく感覚
時折急に現れる人影に驚きつつもすこしほっとする

などなど
霧の中のウォーキングは一人物思いにふけるにはもってこいのシチュエーションでした。
(そんなセンチメンタルなキャラではありませんが・・・)



ツアーに参加していたお客達も、雷鳥を見つけたたり、室堂小屋までたどり着いたりなどそれぞれ楽しまれていたようでした。






後記:
霧の中なんて歩けないという人には、室堂駅のすぐ隣に”自然保護センター”というのがあり、雷鳥やその他黒部の生き物が研究できるようになってます。
映画とかクイズとかいろいろあって結構な面白さ
何だかんだで天気が悪くても楽しみがいのある立山黒部アルペンルートでした。
雷鳥
↑自然保護センターの雷鳥さん
自然で雷鳥を見るにはかなりの注意力と運を必要とするが、ここに来れば会える確率100%


| 178添乗員 | 景色がすごいとこ | 13:42 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:42 | - | - | - | - |










一番上へ